【2022年度・独学】行政書士試験のおすすめテキスト・問題集19選


独学で2021年度行政書士試験に合格を目指す人におすすめのテキスト、問題集をご紹介します。

実際に私が独学で行政書士試験に合格した際に使用したテキスト、問題集や公務員試験対策用で行政書士試験にも有用なテキスト、問題集などを厳選してご紹介します。

行政書士試験に独学で合格を目指す場合、参考書選びが重要ですので、ぜひご活用ください。

一般知識の対策におすすめのテキストや問題集についても紹介していますので、参考にしてください。

一般知識に特化した対策法は下記の記事で紹介しています。
»【足切り対策】行政書士試験の一般知識問題を合格ラインにする勉強方法

独学で行政書士試験に合格できるか不安という人は、自宅・出先で学習できる通信講座を検討するのもおすすめです。特に法律系の資格は初めての方には良いかと思います。
»【2022年度・通信講座】行政書士試験のおすすめオンライン講座厳選3選

目次

【2022年度・独学】行政書士試験のおすすめテキスト・問題集19選


はじめに、テキストや問題集は試験年度に対応した最新版を買いましょう。

法改正、判例、試験内容が反映されているからです。

行政書士試験対策におすすめのテキスト


テキストは、独学での勉強の重要となる基本書です。

現状の知識、理解に応じたものを選ぶことをおすすめします。

特に初学者の方に向けてのテキストもありますので、参考にしてください。

2022年版出る順行政書士 合格基本書 【別冊六法付き】 (出る順行政書士シリーズ) 

資格試験予備校として定評のあるLECのテキストです。

項目ごとに重要度が表記されていて、学習の強弱をつけて効率よく進められるようになっています。

図解やワンポイントといった記載が多く、コンパクトにまとめられているため、同社の問題集とあわせて使うことで、更に効率のよい学習が可能となります。

ただし、ある程度の法律科目の素養がある人向けだと感じました。

初学者には、後ほど紹介する『みんなが欲しかった! 行政書士の教科書』をおすすめします。

うかる! 行政書士 総合テキスト 2022年度版

法律科目のある国家試験や公務員試験に定評のある伊藤塾のテキストです。

図解や表が多く、視覚的にわかりやすい構成になっています。

後述の同社の問題集とあわせて使うことで効率よく学習を進められます。

ただし、ある程度の法律科目の素養がある人向けだと感じましたので、初学者がいきなり購入するのは遠回りになってしまうかなという印象です。

みんなが欲しかった! 行政書士の教科書 2022年度版

初学者におすすめのテキストです。

フルカラーで図解の解説が多くわかりやすいテキストです。

特徴として、文字や図解が柔らかい感じのため、初学者がとっつきやすい作りになっています。

1105ページと分厚いですが、5冊にわけられるセパレートタイプのため、持ち運びに優れています。

国家試験受験のためのよくわかるシリーズ

よくわかるシリーズは、行政書士試験に特化したテキストではありません。

宅地建物取引士、行政書士や司法書士といった法律科目のある国家資格や公務員試験対策ように幅広く網羅したテキストです。

とはいえ、体系的に法律を学ぶことができるので、サブ用に持っていても良いなと思うテキストです。

実際、私は憲法・行政法・民法を購入しました。

名前の通りよくわかるテキストです。

行政書士試験対策におすすめの問題集編

問題集に関しては、見開きで1問の問題が問題ページと解説ページにわかれているタイプをおすすめします。

経験上、勉強の効率が一番良いレイアウトだと思います。

その他、重要度や頻出度の分析がされている問題集がおすすめ。

2022年版出る順行政書士 合格問題集 【過去問+オリジナル問題】

資格試験予備校として定評のあるLECの問題集です。

1問ずつの見開きで左ページに問題、右ページに解説のレイアウトです。

重要度、頻出度はもちろん、同社の『2021年版出る順行政書士 合格基本書』とのリンクがされているため、効率よく学習が進められます。

うかる! 行政書士 総合問題集 2022年度版

法律科目のある国家試験や公務員試験に定評のある伊藤塾の問題集です。

744ページと分厚い問題集ですが、それだけの分量と濃い内容となっています。

こちらの問題集はテキストとあわせて使用することで、更に効率よく学ぶことができます。

みんなが欲しかった! 行政書士の問題集 2022年度

1問ずつの見開きで左ページに問題、右ページに解説のレイアウトです。

解説ページには、図解やワンポイントが丁寧に作り込まれています。

初学者には、特におすすめの問題集です。

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ6 行政法

公務員試験対策用の『新スーパー過去問ゼミ6 行政法』です。公務員試験対策本として有名な通称、スー過去の行政法です。

行政法を得点源にできなければ行政書士試験の合格は厳しいです。行政法の問題に数多く当たることで、いろいろな切り口から出題されることで、自分の理解度や習熟度がわかりおすすめです。

2021年版 出る順行政書士 40字記述式・多肢選択式問題集

2022年版は2022年3月上旬発売予定

みんなが欲しかった! 行政書士の40字記述式問題集 2021年度

2022年版は2022年2月下旬頃発売予定

行政書士 トレーニング問題集 3記述式・多肢選択式 2021年対策

2022年版は2022年2月下旬頃発売予定

記述式、多肢選択式問題集です。

特に記述式は、インプットした内容をしっかりとアウトプットできるようたくさんの問題に当たることをおすすめします。

私の場合、記述式と多肢選択式問題の対策として問題集を3冊こなしたことで合格することができました。

おすすめの予想模試はコレ【直前期に仕上がりを確認】

独学で行政書士に合格を目指そうとしたら、必須と言っても良いのが予想模試です。

直前期に仕上がり具合を確認して、弱い部分を洗い出すのに最適だからです。

予想模試に関しては、複数の予想模試を解くことで、客観的に自分の出来具合を判断できます。

2021年版 出る順行政書士 当たる! 直前予想模試 【模試3回分+本試験1回分収録/無料解説動画特典】 (出る順行政書士シリーズ)

2022年版は2022年4月下旬頃発売予定

本試験をあてる TAC直前予想模試 行政書士 2021年度

2022年版は2022年4月下旬頃発売予定

うかる! 行政書士 直前模試 2021年度版

2022年版は2022年5月頃発売予定

一般知識問題(政治・経済・社会・情報通信・個人情報保護・文章理解)の対策におすすめのテキスト・問題集


行政書士で出題される一般知識問題におすすめのテキストや問題集をご紹介をします。

一般知識問題は、公務員試験対策のテキストや問題集のほか大学受験用の参考書が有用です。

特に対策しやすい情報通信、個人情報保護や文章理解は、行政書士試験用テキストや問題集以外に下記でご紹介するテキストや問題集を併用することで得点力をアップすることができます。自分の弱い部分に応じて追加すると良いです。(例:一般知識問題の文章理解が苦手なら、文章理解のテキストや問題集を活用する)

公務員試験 速攻の時事 令和3年度試験完全対応

2022年版は2022年2月頃発売予定

2021年7月増刊号 公務員試験の時事問題

2022年版は2022年7月発売予定

『速攻の時事』は、新聞ダイジェストの『公務員試験の時事問題』は、公務員試験対策用の時事対策書ですが、行政書士試験一般知識問題の政治・経済・社会・情報通信・個人情報の対策としておすすめのテキストです。

私も行政書士試験に合格した時に使いました。

社会人として知っておきたい知識を身につけられるので、行政書士試験抜きにしてもおすすめのテキストです。

ゼロから覚醒 はじめよう現代文

一般知識問題の文章理解が苦手という人には、『ゼロから覚醒はじめよう現代文』がおすすめです。文章理解が苦手な人は、単に文章の読み方のルールを知らないだけです。正しい文章の読み方を身につければ、文章理解は得点源にすることが可能です。

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ6 文章理解・資料解釈

公務員試験対策用『新スーパー過去問ゼミ6文章理解・資料解釈』は、一般知識問題の文章理解対策用問題集としておすすめです。

一般知識問題の中で、文章理解は解法をしっかり学べは確実に得点が可能な分野ですので、落とさないようしっかりと対策しましょう。

行政書士試験対策におすすめの判例六法


六法を引く癖をつけると着実に実力がつきます。

有斐閣判例六法 令和4年版

判例六法は、法律の条文と重要判例が載っています。

私の場合、テキストや問題集で条文が出てきたら、六法を引いて初見の条文は黄色の蛍光ペンでチェックして、判例に目を通すということをしていました。

ただし、時間効率等を考えると一長一短あると思います。

特に今回おすすめするテキストには、別冊で行政試験対策用六法がついていますので、六法を別に用意しなくても大丈夫です。

【行政書士試験のおすすめテキスト・問題集】まとめ

行政書士試験、法律の勉強をしたことの無い初学者へおすすめテキスト・問題集

宅建士合格者等、法律の学習をしたことのある人へのおすすめテキスト・問題集

【LEC編】

【伊藤塾編】

基本的には、LECか伊藤塾の参考書を選んでおけば間違いないです。

とはいえ、完全な初学者だと基本書の内容が難しく理解が進まないということが考えられますので、TAC出版の『みんなが欲しかった』シリーズが導入としておすすめです。

テキスト、問題集については、同じ出版社を選ぶことをおすすめします。

理由は、テキストと問題集のリンクです。問題集→テキストと戻るときに該当ページを探す時間が不要となり、圧倒的に効率よく学習を進められるからです。

記述対策については、できるだけ多くの問題集を解いてたくさんの問題に当たることをおすすめします。

というのも、インプットができていてもアウトプットができない場合があるからです。たくさんの問題を解いて引き出しを増やすことが大切だと、合格した時に感じました。

一般知識問題の対策を強化したい人には、下記のテキスト・問題集の併用をおすすめ


独学で行政書士合格への対策、勉強法等をまとめた記事を貼っておきますので、よかったら見てください。

»【独学・最短】行政書士試験に効率よく合格するための勉強方法について


とはいえ、独学では厳しいかな…という人には、オンライン講座を受講するのをおすすめします。

»【2022年度・通信講座】行政書士試験のおすすめオンライン講座厳選3選

関連記事

行政書士試験の受験生 行政書士の通信講座を受講しようと思うけど、どれを選べばいいのだろう…選び方のポイントを知って、自分にあった講座を受講したいな… 行政書士試験は合格率10%の難関試験です。独学では厳しいため、通信[…]


最後までご覧いただきありがとうございます。

最新情報をチェックしよう!