宅建士に独学で受かった人の勉強方法・必要な勉強時間・テキストを徹底解説!

独学で宅建士に合格したい人
宅地建物取引士に独学で合格したい。とはいえ、法律の勉強は難しくて不安。
宅建士に独学で受かった人の勉強方法を知りたいな。

宅地建物取引に関する国家資格の宅地建物取引士。毎年20万人以上が受験して、合格率は17%前後の難しい資格です。

宅建士は法律の登竜門的な資格といえ、資格試験の受験は初めてという人が多いです。宅建士に合格を目指す人が気になるのが、独学で本当に合格できるかなということ。

結論、宅建士試験は独学で合格できます。とはいえ、合格のためには相応の努力が必要です。

記事の筆者
【保有資格】
宅地建物取引士
管理業務主任者
マンション管理士
すべて独学で合格した経験をもとに、宅建士試験について解説します。

宅建士試験に独学で受かった筆者が独学で合格するために必要なことを徹底解説します。

宅建士試験に合格するためのロードマップについては以下の記事で解説しています。
»【完全版】宅地建物取引士に合格するためのロードマップを徹底解説

宅建士に独学で合格は可能なの?

  • 合格率は17%前後で難易度は高め
  • 合格に必要な勉強時間の目安は300時間
  • 宅建業者で働く人には有利に受験できる制度がある

合格率17%前後で難易度は高め

試験年度受験者数合格者数合格率合格点
2019年220,79737,48117.0%35
2020年
(10月実施)
168,98929,72817.6%38
2020年
(12月実施)
35,2584,60913.1%36
2021年
(10月実施)
209,74937,57917.9%34
2021年
(12月実施)
24,965人3,892人15.6%34

宅建士試験は、試験の上位約17%の人が合格できる試験です。試験年度によって合格点が異なるのは上位約17%のラインが変わるからです。

試験が簡単であれば合格点は高くなり、逆に難しければ低くなります。とはいえ、問題の難易度にバラツキがないように試験問題が作られるので、例年、35点(50点満点)あたりがボーダーとなります。

合格率17%ということは、100人中17人しか合格できません。宅建士に独学で受かった人は上位17%以内に入れるほど努力したことになります。

簡単な試験ではありませんが、独学でも十分合格を目指せる試験です。

合格率や難易度については、以下の記事で解説しています。
»【合格率・難易度・勉強時間】宅地建物取引士試験について【他不動産3資格との比較】

300時間は勉強しよう|初学者が独学で合格するための目安

宅建士に初学者が独学で合格できる勉強時間の目安は300時間!

宅建士に独学で合格するために300時間の勉強は必要です。これは初学者の場合の目安です。

再受験や法律系の他資格を持っている、法律の勉強をしたことがあるなどの下地がある人は、300時間より短い時間で合格できる可能性があります。

宅建士の場合、おおむね6ヶ月くらいの勉強期間でスケジュールを考えるのがおすすめです。期間が短いと1日の勉強時間が長くなり大変ですし、長すぎてもモチベーションを保ち難いです。

6ヶ月くらいがモチベーションを高く毎日の勉強時間もそこそこに300時間を消化するのにちょうど良い期間といえます。

宅建業者に勤務する人は5問免除制度で有利になる

講習を修了して本試験の最後5問が免除になる

宅建士試験の問46〜50問は免除の対象問題です。

宅建業者に勤務している人は、免除講習を修了することで本試験で対象問題5問が免除となります。簡単にいうと満点扱いです。

直近3年の免除者合格率は以下の通りです。

試験年度全体の合格率5問免除者の
合格率
5問免除者の差分
2019年17%22.9%+5.9%
2020年
(10月試験)
17.6%19.6%+2%
2021年
(10月試験)
17.9%21.3%+3.4%

免除者の合格率が高くなっていることがわかります。

試験に対するモチベーションが高い結果だと推測することもできますが、5問分満点扱いになることは確実に有利になります。

宅建業者に勤務している人は、免除講習を修了することで独学で合格できる可能性が高まります。

宅建士の免除講習については、以下の記事で解説しています。
»【2022年・比較・最安価格】5問免除講習(宅地建物取引士)の費用と開催地の一覧

宅建士に独学で受かった人の勉強方法

  • 勉強のスケジュールを作る|合格に必要な時間から逆算
  • 勉強時間を作る努力をする
  • 最新版の良質なテキスト・問題集で勉強する
  • インプットとアウトプットの反復継続が重要
  • メリハリある勉強をする|分野によってが出題数が違う
  • 模擬試験で自己分析と試験の場慣れをする

勉強のスケジュールを作る|合格に必要な時間から逆算

合格に必要な勉強時間の目安300時間から勉強スケジュールを作る

宅建士に独学で受かった人の特徴として、勉強スケジュールを作り毎日の勉強を継続していることです。

まずは、合格に必要な勉強時間の目安300時間から逆算して、勉強スケジュールを作ります。毎日同じ時間の勉強スケジュールor平日と休日の勉強スケジュールを作ります。ポイントは毎日の勉強を習慣化することです。

例:6ヶ月間の勉強スケジュールの場合
毎日の勉強時間100分(毎日均等型)

平日60分・休日200分(平日、休日併用型)

例:3ヶ月間の勉強スケジュールの場合
毎日の勉強時間200分(毎日均等型)

平日120分・休日400分(平日、休日併用型)

宅建士の独学スケジュールとしては、6ヶ月間がちょうど良いです。

学生の人で学校に通いながら、社会人の人は働きながらの勉強になるので、毎日、長時間の勉強時間を確保することが難しいからです。

6ヶ月なら毎日100分(1時間40分)の勉強をすることで、合格に必要な勉強時間の目安300時間を確保できます。

3ヶ月なら単純に倍の毎日200分(3時間20分)の勉強時間が必要です。

重要なのは毎日継続すること。勉強しない日を作らないようにしましょう。独学の良いところは、いつでもどこでも、好きなように勉強できることです。毎日の生活に勉強を習慣化するようにして、試験日までのスケジュールを作ります。

勉強スケジュールや勉強時間の管理には「スタディプラス」というアプリが最適。テキストや問題集はバーコードで簡単に登録できるうえ、勉強時間をグラフに表示できたり、勉強の進捗状況を可視化できます。同じ宅建士に独学で受かることを目指している仲間とつながることができます。

Studyplus(スタディプラス) 日々の学習管理に

Studyplus(スタディプラス) 日々の学習管理に

Studyplus Inc.無料posted withアプリーチ

勉強時間を作る努力をする

時間を作る意識を強く持つ!

毎日の勉強を継続するために勉強時間を作る意識を持つことが必要です。

まずは、現状のタイムスケジュールを書き出しましょう。朝起きてから寝るまでに何をしているかをすべて書き出します。

漫然とテレビやスマホを見ている時間はありませんか?これらの時間は全て勉強時間に充てるようにします。

また、宅建士に独学で受かった人は生活の何かを断捨離して勉強時間に充てています。例えば、趣味の映画を見る時間を我慢する。外食の機会を増やして自炊の時間を短縮するなどの時間を作り出す努力をしています。

そのほか、通勤通学の移動時間や昼休憩中などのちょっとした短時間に勉強します。短い時間でも毎日の積み重ねで大きな成果へとつながります。短い時間だからこそ集中してできるというメリットがあります。

最新版の良質なテキスト・問題集で勉強する

最新版のテキスト・問題集を使う!

テキスト、問題集は最新版を使うようにします。宅建士試験にはさまざまな法律の問題が出題され、法律は法改正により、古いテキストや問題集だと間違った知識を覚えてしまう場合があるからです。

また、各出版社は本試験の出題内容を研究してテキストや問題集は作られています。

古いテキストを使って法改正部分や直近で出題された分野を自分でチェックしていくのは困難なうえ、時間の無駄です。独学で宅建士に受かった人は最短距離で合格への勉強をしています。

テキスト・問題集は最新版を購入するようにしましょう。

宅建士のおすすめテキスト・問題集は、以下の記事で紹介しています。
»【2022年度・独学】宅地建物取引士試験のおすすめテキスト・問題集20選

インプットとアウトプットの反復継続が重要

  • インプット・・・テキストから知識を入れる
  • アウトプット・・・問題演習で知識を出す

宅建士に独学で受かった人は、インプットとアウトプットの勉強を徹底しています。

まずは、インプットからはじめます。何も知識がなければ、問題を解くことができません。インプット後にアウトプットができるかを確認します。

初学分野のインプットとアウトプットは1つの単元ごとにしよう

たまにテキストを1冊すべて読み終えてから問題集をはじめる人がいますが、これは間違いです。テキストは細かな単元ごとに勉強後、該当する問題集を解くようにします。

例えば、民法の行為能力であれば行為能力の勉強部分を1つの単元として、法令と制限の用途地域であれば用途地域を1つの単元として、テキストを読んでインプットします。

その後、問題集を解いてアウトプットをします。わからなければ、テキストに戻りインプットをおこないます。

単元はテキスト目次の細かなパートごとに区切ると勉強しやすいです。

単元ごとに消化して、並行して以前に勉強した単元部分の問題集を2回目、3回目と解き、わからない問題はテキストでチェックします。

勉強手順をまとめると以下の通りです。

勉強の進め方

1、テキストを単元ごとに精読

2、テキスト該当箇所の問題集を解く(1回目)

3、解けない問題は解説、テキストで復習

【3日〜5日後】

4、2の箇所の問題集を解く(2回目)

5、解けない問題は解説、テキストで復習

【更に7日後】

6、4の箇所の問題集を解く(3回目)

7、解けない問題は解説、テキストで復習

8、完璧に解ける問題は、4回目以降は解かない

【更に7日後】

9、6の箇所の問題集を解く(4回目)

10、解けない問題は解説、テキストで復習

【更に7日後】

11、9の箇所の問題集を解く(5回目)

12、解けない問題は解説、テキストで復習

13、この時点で完璧に解けない問題を洗い出す

14、13で洗い出した問題を再度勉強

単元ごとに並行してずらしながら勉強し、1つの単元を1ヶ月で終えられるようにします。知識が定着して、解答もできるというインプット、アウトプットができる状態になった問題は飛ばすようにすることで、問題集の3回目以降は飛躍的にスピードアップしていきます。

最初は時間がかかりますが、インプット・アウトプットができるようになると周回スピードが上がっていくため、時間効率よくテキスト・問題集を消化できるようになります。

メリハリある勉強をする|分野によってが出題数が違う

宅建士試験で出題されるすべての分野を均等に勉強するのは間違いです。

宅建士に独学で受かった人は、本試験で出題数の多い分野と少ない分野に応じたメリハリある勉強をしています。宅建士試験の出題分野と問題数は以下の通りです。

出題分野関連する法律試験での問題番号出題数(全50問)
権利関係民法問1〜1414問
法令上の制限都市計画法
建築基準法
農地法 など
問15〜228問
宅建業法宅地建物取引業法問26〜4520問
税・その他印紙税法
地方税法
不当景表法 など
問23〜25
問46〜50
8問

宅建士試験の出題50問のうち、出題が多い法律は以下の2つ

宅地建物取引業法・・・20問
民法・・・14問

宅地建物取引業法と民法の2つで34問です。出題は50問のため、大部分が宅地建物取引業法と民法であることがわかります。

極論をいえば、34問に全問正解できれば、ほぼ合格したも同然です。

まずは出題の多くを占める宅地建物取引業法と民法の勉強に時間を割り当てます。次に都市計画法、建築基準法、農地法などの法令上の制限、最後に残りの勉強時間を税法などの分野に割り当てます。

合格に必要な目安の勉強時間300時間の割り当て方

民法・・・120時間
宅地建物取引業法・・・100時間
法令上の制限・・・50時間
税、その他・・・30時間

宅地建物取引業法の出題が1番多いのだから、勉強時間は民法よりも多くするべきだと思うかもしれません。

実際に勉強してみると、民法は理解するのに時間がかかるうえ問題が難しく、逆に宅地建物取引業法は暗記すれば解ける問題が多いのに気付くはずです。

つまり、民法に1番多くの勉強時間をかけるべき。特に法律の勉強が初めての人は民法でつまずいてしまうことが多いです。

法令上の制限や税、その他は後回しにして、まずは民法と宅地建物取引業法の分野をしっかりと基礎固めすることで安定した得点を取れるようになれます。

模擬試験で自己分析と試験の場慣れをする

  • 結果データで客観的な分析ができる
  • 問題を解く時間配分の確認ができる
  • 会場受験で試験の場慣れができる

結果データで客観的な分析をして弱点を克服する!

模擬試験で一番重要なのが、結果データから自己分析をして弱点を克服すること。受験者の順位をはじめ問題毎の正答率など細かな結果データを得ることができます。

多くの受験者が間違える難問については、間違えていたとしても合否に影響は少ないです。逆に正答率の高い基本的な問題を間違えている場合は要注意。

インプットができていない、もしくはアウトプットの訓練が不十分なのかを確認して、徹底的に復習します。正答率の高くて自分がわからなかった問題の分析をすることで弱点を克服できます。

問題を解く時間配分の確認ができる

独学で宅建士に受かった人は、問題を解く時間配分の上手い人が多いです。

独学だと、問題を解くスピードの意識が低くなりがち。問題集を解いているときに時間を気にせず、じっくり取り組む人が多いです。

はじめのうちはこれで問題ありません。とはいえ、試験が近づくにつれて問題を解くスピードの意識をもつことが必要になります。

模擬試験を受験することで問題の解く時間配分の確認をすることができます。試験時間が足りないのなら、全体的に問題を解くスピードが遅いのか、わからない問題に時間を費やしているのかなどの時間が足りなくなってしまう原因をみつけて対策をしましょう。

また、本番の試験では問題を解いた後に解答用紙のマークシートを塗りつぶす作業が必要です。最後の見直しまで含めての時間配分を考えて問題を解く必要があります。

時間が足りなくて、できたはずの問題を落とさないようにしましょう。

会場受験で試験の場慣れができる

宅建士を初めて受験する場合、会場の雰囲気にのまれて力を出しきれない人がいます。

模擬試験は自宅受験のほか、全国の会場で実施しています。資格試験の受験に慣れていない人は、会場で模擬試験を受けることで本試験さながらの予行演習ができるのでおすすめ。

宅建士の模擬試験については以下の記事で紹介しています。
»【2022年・全国公開模試】宅地建物取引士のおすすめ模擬試験(無料模試あり)

独学で宅建士に合格するための費用

テキスト代3,000円
問題集代3,000円
予想問題集2,000円
模擬試験4,000円
受験料8,200円
合計20,200円

独学で宅建士に合格するための費用は約2万円。フルパッケージでの金額となりますので、予想問題集や模擬試験を除けば、その分安く抑えられます。

とはいえ、独学なら受験料を除き12,000円で宅建士試験に合格できると考えれば安いといえます。

宅建士に独学で受かった人の魅力は費用を安く抑えられること。合格後に宅建士として登録するために法定講習や登録費用が必要になるので、費用を抑えたいと考える人は多いはずです。

宅建士試験に独学で受かった人が登録や維持費に掛かる費用は以下の記事で解説しています。
»宅地建物取引士試験を合格するのに最低限かかる費用と維持費について

独学で何回も不合格になってしまう人の特徴

  • 勉強量が足りない
  • 勉強スケジュールを作らない
  • 勉強方法を間違えている
  • メリハリある勉強をしていない
  • 資格試験の受験に慣れていない

独学で宅建士試験を受験している人の中には、何度も不合格になってしまうケースがあります。

圧倒的に多いのが単純に勉強量が足りない人。勉強スケジュールを作り、勉強時間を確保することで勉強量を増やすことで合格できるようになれます。

テキストだけ、もしくは過去問だけで勉強しているなど、インプット・アウトプットの勉強方法を間違えている人は、良質なテキスト・問題集を使って勉強しましょう。

宅建士に独学で受かった人は、テキストと問題集の正しい使い方をしています。

資格試験に慣れていなくて本番で力を出しきれない人がいます。試験会場の雰囲気にのまれてしまった。問題を解く時間配分を間違えて、時間が足りなくなってしまう。

宅建士の試験は多くの模擬試験が開催されています。試験慣れの訓練をすることで本番で力を出し切れるようになれます。

宅建士試験に不合格なる人の特徴と受からない原因については、以下の記事で解説しています。
»宅建士試験に落ちた人の5つの特徴【受からない原因を徹底解説】

独学は厳しいなという人には宅建士の通信講座がおすすめ

宅建士の勉強スタイル教材費用の目安勉強の自由さ講師合格特典
独学5,000円

10,000円
好きなようにできるいないない
通信講座20,000円

50,000円
決まったカリキュラム
いつでもどこでも受講
特定の講師で事前にわかる講座によってはある
全額返金の講座もある※条件あり)
通学スクール50,000円

100,000円
決まったカリキュラム
受講日時に通学
各校舎に講師はさまざま講座によってはある

宅建士通信講座ならいつでもどこでも試験勉強ができる!

宅建士試験のスクールには大きくわけて、通学通信があります。通学は、校舎まで通うのが大変なのと、講座の日時が決められているので、忙しい人は予定を合わせられないというデメリットがあります。

一方、通信講座は、スマホ、タブレット、パソコンを使って、いつでもどこでも受講可能。通勤・通学の移動中や作業の合間のちょっとした時間を有効に勉強できるから、忙しいけど本気で宅建士試験に合格したいという人に最適です。

宅建士試験の通信講座はYouTubeでサンプル講義を見たり、無料のお試し講座を体験受講することで、申込前に講師の教え方、話し方、講座のカリキュラムをチェックできます。あとから、こんな講座だとは思わなかったというミスマッチがありません。

通信講座の費用は、独学以上通学スクール未満のため、受講しやすい価格のところが多いです。

通信講座によっては、合格特典のお祝い金制度や全額返金制度、不合格時の全額返金があるので、独学よりも費用を掛けずに宅建士に合格できます。(※適用には合格体験などの条件があります)

学習スタイル別の宅建士通信講座で自分にあった講座が見つかる

学習スタイル別の宅建士通信講座で自分にピッタリの講座が見つかる

宅建士の通信講座は、各社特徴ある講座を開講しています。オーソドックスな講義動画の充実した講座、スマホでの勉強に特化した講座、講義とスマホアプリで自学のバランスの良いものと自分の求める学習スタイルを選ぶのがおすすめです。

宅建士のおすすめ通信講座比較は以下の記事で紹介しています。
»【2022年度・通信講座】宅地建物取引士のおすすめオンライン講座厳選3選

わかりやすいボリュームある講義質問サポートの充実した通信講座が良い
アガルートの宅建士講座がおすすめ。以下の記事で紹介しています。
»【合格率43.3%】アガルートの宅地建物取引士通信講座【口コミ・評判】
スマホで完結できる通信講座が良い
スタディングの宅建士講座がおすすめ。以下の記事で紹介しています。
»【口コミ・評判】スタディングの宅地建物取引士通信講座はスマホ特化型!
自宅でも出先でもオールラウンドな通信講座が良い
フォーサイトの宅建士講座がおすすめ。以下の記事で紹介しています。
»【合格率65.9%】フォーサイトの宅地建物取引士通信講座【口コミ・評判】

最新情報をチェックしよう!